名無し提督の艦これ日誌

艦これの備忘録とか色々

【二期】戦果稼ぎのための4-4周回編成メモ

 11月16日のメンテナンスで7-1の戦果が大幅に下げられてから、様々な海域での戦果稼ぎが模索されていますが、消費資源と1.96/周と言う戦果のバランスから西方海域「カスガダマ島(4-4)」の評価が比較的良いようです。

 そこで最適な4-4周回編成を考えてみます。

 なお、他の海域に関しては下記の記事にありますので参考にしてください。 

www.kancolle.blog

f:id:nameless_admiral:20181121221918j:plain

 画像の最短ルートでボスマスに行く条件は、

  • 高速戦艦1隻以下、重巡・航巡合せて1〜2隻、正空・装空・軽空合せて2隻、駆逐艦2隻
  • 重巡・航巡合せて1隻、正空・装空合せて2隻、軽空1隻、駆逐艦2隻

 のいずれかで固定できると言うのが今のところ定説ようですが、どれにもあてはまらない編成でもルート固定できるので、いまだに謎の多い海域です。

 制空値はボスマスで72以上で優勢、144以上で確保となります。ボーキの消費を抑える意味でも基本的に制空確保を狙います。

 ボスマス以外には空母はいないので、補強増設は噴進砲改二でもバルジでもどちらでも良いと思います。ボスマスの編成は2/3で装甲空母姫+タ級2隻ですが、その時は1人くらい中・大破することが多いです。また、1/3で潜水艦入りの編成になりますが、ノーマルヨ級なので対潜要員が2隻いれば単縦陣でも沈められます。

軽空2重巡2駆逐2編成

f:id:nameless_admiral:20181130013527j:plain

 最初に紹介した編成がこれです。

 軽空母は鈴谷航改二・熊野航改二でないとボスマスで潜水艦に吸われるので気をつけた方がいいですが、逆に瑞鳳改二乙を使って先制対潜攻撃を入れるのも良いと思います。

 この編成例ですが、夜戦をしない前提で組んでいます。

 重巡は主砲×3で火力を出しています。

 前述の通り軽空母に鈴谷・熊野を起用、戦爆カットイン装備にしています。画像の編成で制空189です。

 駆逐艦2隻は対空カットイン+ソナーとしています。

  • 燃料:138/周
  • 弾薬:162/周
  • ボーキ:平均20/周
  • バケツ:平均約1個/周

軽空3軽巡1駆逐2編成

f:id:nameless_admiral:20181219143354j:plain

 かなり変則的な編成ですが、逸れることなく確実に最短ルートでボスマスに到達します。

 軽空母3隻による強力な航空戦から阿武隈改二の先制雷撃が入り、長射程の瑞鳳改二乙、中射程の鈴谷航改二・熊野航改二の攻撃と繋がりますので火力は高めの編成です。

 また瑞鳳は先制対潜要員も兼ねていますので、夕雲改二と合わせて潜水艦対策は万全です。

 編成例では駆逐艦はバルジを積んだ夕雲型を使っていますが、1隻を先制対潜攻撃装備、1隻を対空カットイン装備にしておくのが良いかと思います。

欠点としては全体的に装甲の薄い艦が多いので、ボスマスでの被害が出やすい点でしょうか。

  • 燃料:122/周
  • 弾薬:119/周
  • ボーキ:平均70/周
  • バケツ:平均約1個/周

戦艦1正空2軽巡1駆逐2編成

f:id:nameless_admiral:20181219135407j:plain

 標準的な戦艦1正空2重巡1駆逐2編成から重巡を軽巡に変えた形です。これでも最短ルートでボスマスに到達します。

 重巡を軽巡、と言うより阿武隈改二に変えるメリットは先制雷撃を撃てることですが、同時にウィークポイントにもなります。

 この編成では元々中射程の翔鶴改二・瑞鶴改二と短射程の阿武隈を組み合わせることでデメリットを減らしています。

 具体的には、正規空母2隻による強力な航空戦→阿武隈改二の先制雷撃→戦艦の砲撃→正規空母2隻の攻撃と繋げることで、敵の反撃を極力抑え込む編成です。

 画像の編成で制空値は158なので、ボスマスで制空確保となります。

 なお、夕雲改二に加えて、阿武隈改二もソナーを積んでいるので対潜要員となっています。

  • 燃料:215/周
  • 弾薬:209/周
  • ボーキ:平均100/周
  • バケツ:平均約0.3個/周

 高火力の安定感と引き換えに消費資源はかなり多めです。五航戦を燃費の良い正空に入れ替えれば消費資源は抑えられますが、その場合には彗星二二型(六三四空)を使うなどして射程を伸ばす必要があります。

 なお、正規空母2隻を軽空母2隻に変えた編成も可能です。この場合も軽空母には鈴谷・熊野推奨です。消費資源はだいぶ抑えられますが、火力が下がるのでバケツの消費は増えます。

正空1軽空1雷巡1軽巡1駆逐2編成

f:id:nameless_admiral:20181219141006j:plain

 正規空母と軽空母の航空戦から先制雷撃2射線が入り、射程を伸ばした正規空母の攻撃へと繋がる編成です。

 雷巡は対潜が高く、バルジ、特に補正がつく北方迷彩が装備できる木曾改二がおすすめです。木曾が先制対潜攻撃ができる分、阿武隈は魚雷を増やして雷撃威力を上げています。

 画像の編成で制空値は158なので、ボスマスで制空確保となります。

 消費資源の割に安定感が高く、おすすめの編成なのですが、唯一の欠点は1割程度の確率でボスマス前でHマスに逸れることがあると言う点です。

 艦種の問題なのか、あるいは索敵や装備の問題なのか分かりませんが、1割程度なら許容できる範囲だと思っています。

  • 燃料:119/周
  • 弾薬:124/周
  • ボーキ:平均50/周
  • バケツ:平均約0.5個/周