名無し提督の艦これ日誌

艦これの備忘録とか色々

【二期】クォータリー任務:戦果拡張任務!「Z作戦」前段作戦

2019/03/30:編成を追加・改訂

戦果拡張任務!「Z作戦」前段作戦

戦果拡張作戦:我が第一艦隊に精鋭艦艇を集中配備、同精鋭艦隊を以て、南西諸島の沖ノ島海域、中部海域哨戒線、グアノ環礁沖の敵艦隊を撃破、中部北海域ピーコック島の敵戦力を破砕殲滅せよ!

 達成条件は、2-4、6-1、6-3のボスマスで各1回ずつA勝利以上、6-4ボスマスで1回S勝利することです。編成条件等は特にありません。

 一期からあるクォータリー任務ですが、中部海域のマップは変わっていないので、2-4以外は今まで通りです。

 特別戦果+350が入るのでランカーには必須の任務と言えます。

 クォータリー任務なので3か月に1回発生し、9/1・12/1・3/1・6/1に更新されます。

 なお、8月末、11月末、2月末、5月末の14:00までに消化しないと戦果が無駄になってしまうので気をつけましょう。

沖ノ島海域(2-4)

f:id:nameless_admiral:20181024052203j:plain

 一期の2−4はひたすら羅針盤と戦う海域でしたが、二期になってルートを固定できるようになったのが大きな進歩です。

 画像のような最短ルートを通るには重巡または航巡1隻、軽巡1隻、駆逐艦4隻の編成で良いようです。

f:id:nameless_admiral:20190209000733j:plain

 かなり軽めの編成ですが、道中でもLマスのヲ級flagship2隻がいますし、ボスマスもル級flagship・eliteが3隻いるので、ある程度練度の高い艦でないと厳しいかもしれません。

 航巡には鈴谷改二、水戦と瑞雲を積みます。軽巡には由良改二、甲標的で雑魚の露払いをしつつ水戦2個で制空値を稼ぎます。

 ボスマスの制空値は81以上で優勢、162以上で確保となります。画像の編成では鈴谷改二と由良改二に積んだ瑞雲と水戦で制空値93となります。

 駆逐艦にはバルジが積めて火力が高めの夕雲型改二を起用しました。装備は火力・回避・雷装に補正の付く12.7cm連装砲D型改二と水上電探の組み合わせです。

中部海域哨戒線(6-1)

f:id:nameless_admiral:20181030035051j:plain

 中部海域は一期からほとんど変わっていないので、攻略の手法もほぼ同じです。空母を交えた編成だとIマスに逸れることがあるのも同じです。

f:id:nameless_admiral:20190330134632j:plain

 潜水艦は運が高く魚雷カットインの期待できる伊58改と、雷装値が高い伊19改・伊26改を起用。

 空母には夜戦空母のサラトガMk.Ⅱを起用。夜攻と夜戦2個、彩雲を積んでいます。

 ボスマスの制空値は126以上で優勢、252以上で確保となりますが、この装備で制空値139となり、ボスマスで航空優勢になります。

 サラトガは耐久・装甲・火力ともに高く、夜戦まで生き残る可能性が高いのでボス戦では強力なのですが、昼戦では艦攻1機の攻撃しかできません。

f:id:nameless_admiral:20190330140052j:plain

 そこで大鳳改を使えば、F4U-1Dで制空を稼ぎつつ戦爆カットイン攻撃させることもできます。また、装甲空母なので中破でも動けるのは大きなメリットです。この装備で制空値は138となります。

 また、H→Kに進むには潜水母艦を含むときは索敵25以上でKマス確定、それ以外は索敵36以上でKマス確定(分岐点係数4)になりますが、空母に彩雲を1個積んでおけば足りるはずです。

 残りは北上改二と阿武隈改二を入れています。

 北上改二は素の雷装値が十分高く、道中の敵なら先制雷撃でほぼ倒せるので、甲標的と連撃装備です。

 阿武隈は運改修をしてあるので、魚雷カットイン装備としてあります。

グアノ環礁沖海域(6-3)

f:id:nameless_admiral:20181111204045j:plain

 6-3も一期からほとんど変わっていないので、編成とルートの条件も同じです。

 そこでこんな編成にしました。

f:id:nameless_admiral:20190330140513j:plain

 日進甲の瑞雲による爆撃から、阿武隈改二と日進の甲標的×2で先制攻撃をする構成です。

 阿武隈改二は運改修してあるので、夜戦での魚雷カットインも期待できます。

 もう一人の駆逐艦には高火力の神通改二を起用。夜偵も持たせます。

 駆逐艦にはバルジが積めて火力が高めの夕雲型改二を起用しました。装備は火力・回避に補正の付く12.7cm連装砲D型改二です。さらに補強増設と合わせて2枚のバルジを積めば軽巡並の装甲値になります。

 日進も装甲が薄いのでバルジを積んでおいた方がいいでしょう。

 この編成だと軽巡が2隻入っているので、Eマスの羅針盤がランダムになりますが、Fマスに進んでも駆逐艦にバルジを積んであると安定して通ることができます。

 軽巡を1隻減らして練巡にすれば確定でGマスを通りますが、軽巡に比べると装甲・回避ともに低いので旗艦において守るなどの対策が必要になると思います。

中部北海域ピーコック島(6-4)

f:id:nameless_admiral:20181111205208j:plain

 6-4も変わっていないので、左スタートのいわゆる秋津洲ルートでの攻略です。

 画像のルートを通る条件は大きく分けると

  • 秋津洲、低速戦艦1隻、航巡1隻、駆逐艦2隻、重巡・雷巡・軽巡・水母のいずれか1隻
  • 秋津洲、長門改二、陸奥改二、駆逐2隻、航巡・軽巡・駆逐艦のいずれか1隻

 の2パターンになります。

低速戦艦編成

f:id:nameless_admiral:20181111205741j:plain

 低速戦艦には武蔵改二を起用。5スロを活かして徹甲弾と三式弾を両方積みます。

 重巡枠にはZara dueを起用。水戦を積んで制空を稼ぎます。

 秋津洲は水戦による制空に加えて、WG42と特二式内火艇を積んで対地攻撃もしてもらいます。欠点である装甲の薄さを補うためにバルジも積んでいます。

 駆逐艦は防空要員に秋月改、対地攻撃要員にタシュケント改を起用。

 鈴谷改二は主砲、WG42×3、補強増設の副砲で強力な対地攻撃を狙います。

 ボスマスの制空値は1/6で一番強いパターンを引いた場合、168以上で優勢、336以上で確保となります。

 この装備で制空値74となり、航空戦マスでは均衡、道中では航空優勢。ボスマスでは一番強いパターンを引いた場合は基地航空隊と合わせて均衡、それ以外では優勢になるはずです。

f:id:nameless_admiral:20191009194235j:plain

 基地航空隊は一式陸攻×4としました。強編成で航空劣勢、弱編成で制空均衡になります。

長門改二・陸奥改二編成

f:id:nameless_admiral:20190330143707j:plain

 こちらは陸奥改二と同時に?実装されたルートです。高火力で打たれ強い戦艦を2隻入れられるので、かなり楽になりました。

 こちらは秋津洲は制空担当として水戦を2個、さらに探照灯を積んでいます。

 駆逐艦にはタシュケント改と荒潮改二を起用。タシュケントは防空兼対地攻撃、荒潮は対地攻撃担当です。

 熊野改二は主砲と補強増設の副砲、夜偵で昼は主副カットイン。夜戦では2個積んだWG42で強力な連撃をします。

 この装備で制空値64となりますが、この編成でも航空戦マスでは均衡、道中では航空優勢。ボスマスでは一番強いパターンを引いた場合は基地航空隊と合わせて均衡、それ以外では優勢になるはずです。

 基地航空隊の編成も先ほどと同じです。

f:id:nameless_admiral:20181111210523j:plain

 ボスは離島棲姫。集積地棲姫に加えて砲台小鬼もいるので、航空隊にはかなり被害が出ます。

任務報酬

 報酬はネジ×4、伊良湖×3、そして戦果+350。

f:id:nameless_admiral:20181111211014j:plain

 お疲れ様でした。

参考:一期攻略記事

 以下のリンクは一期の記事ですが、色々な編成を試しているので2-4以外は参考になるかもしれません。

www.kancolle.blog

www.kancolle.blog

www.kancolle.blog

www.kancolle.blog