名無し提督の艦これ日誌

艦これの備忘録とか色々

2018年初秋イベント:#E5 「全力出撃!新ライン演習作戦」① 戦艦夏姫戦

全力出撃!新ライン演習作戦

欧州北大西洋及び北海方面の出撃可能な戦力を結集し、新ライン演習作戦を発動!深海侵攻艦隊敵旗艦を撃滅せよ!

 最終マップ「欧州作戦海域方面 北海/北大西洋海域」は戦力ゲージが3本となっており、しかもギミックもあると言う、大掛かりなマップです。じっくり攻略しましょう。

 最初のゲージは戦艦夏姫、次のゲージが戦艦仏棲姫。そしていくつかのギミックを解除してから最後のボスに挑む、と言う流れです。

 この海域も甲難易度で挑戦したので、以下の情報は甲基準になっています。

戦艦夏姫戦

f:id:nameless_admiral:20180918211941j:plain

 まずは最初のボスである戦艦夏姫を攻略します。空母機動部隊で出撃しますが、ここで使用した艦には[Force H]の札がつきます。

 画像のBの航空戦マスを避ける最短ルートを通る条件は欧州艦6隻以上を編成に組み込むことで、他に編成条件はないようです。仮に欧州艦が足りない場合でも1戦増えるだけなので、無理に低レベル艦を入れたりする必要はなさそうです。

f:id:nameless_admiral:20180918223743j:plain

f:id:nameless_admiral:20180918220755j:plain

 こんな感じの編成にしました。欧州艦からはウォースパイト改、アークロイヤル改、ビスマルク ツヴァイ、グラーフツェッペリン改、ポーラ改、ジャーヴィス改を起用しました。

 ビスマルクとポーラはサブ艦です。

 第1艦隊は戦艦2、正規空母2、装甲空母2の編成です。

 制空値は485となりますが、ヲ級とヌ級改のいるEマスでは高いパターンで制空値576以上ないと優勢が取れません。

 しかし随伴艦はせいぜいネ級なので、Eマスは拮抗で妥協しておいてボスマスであるJマスでは航空隊と合わせて制空確保にできる300程度でよかったかなと反省しています。

 具体的には特効が期待できるアークロイヤルと火力の高い翔鶴・瑞鶴に艦攻を1個ずつ増やすと300前後になると思います。

 もっとも第1ゲージはそんなに強くないので、そこまで詰めなくても苦戦はしませんでした。

 空母機動部隊では通常艦隊との戦闘は第2艦隊から始まるので、阿武隈改二、大井改二、木曾改二の先制雷撃で先手を打ってから、ポーラの連撃で叩く目論見です。

 夜戦対策としては運を改修してある阿武隈と元から運が高いジャーヴィスを魚雷カットイン装備として旗艦と殿艦に配置して、残りを連撃装備にすると言う平凡な構成です。

 浦風は防空と夜戦連撃を兼ねた装備ですが、東海が潜水艦を撃ち漏らした時に攻撃できるようにソナーを積んでいます。

f:id:nameless_admiral:20180918220906j:plain

 E5では基地航空隊は3部隊とも出撃できますが、空襲もあるので防空に回さなければ被害が出る覚悟は必要です。

 この戦艦夏姫戦では陸戦×1、陸攻×3を2部隊Jマスに飛ばしています。航空拮抗になっているはずです。

 東海×3は潜水艦隊のいるCマスに飛ばしています。

 支援艦隊はどちらも出していませんが、最終形態になってから決戦支援だけ砲撃支援で出しました。

 この編成で出撃しましたが、初戦のCマスは第一警戒序列、Aマスの水上艦隊は第四警戒序列で対処します。この後能動分岐がありますが、どちらに行っても敵の構成は変わりません。そしてEマスの水上部隊も第四警戒序列です。

 ボスはすっかりおなじみになった戦艦夏姫です。

f:id:nameless_admiral:20180918230035j:plain

 随伴艦に重巡夏姫、ヌ級改といますが、あとはツ級、ナ級などです。基地航空隊の攻撃と航空戦で雑魚はかなり沈められると思います。

 最終段階になるとヌ級改が空母棲姫に変わりますので、決戦支援を出しました。

f:id:nameless_admiral:20180918225721j:plain

 結果としては4戦連続S勝利であっさりゲージを破壊することができました。

 こうして第1ゲージを破壊すると、新たなルートが現れます。

f:id:nameless_admiral:20180918230543j:plain

 そして戦艦仏棲姫戦へと続きます。