名無し提督の艦これ日誌

艦これの備忘録とか色々

2018年初秋イベント

新装備「三式爆雷投射機 集中配備」と「試製15cm9連装対潜噴進砲」の効果について

2018/06/03:4スロ艦の装備を追加、一部計算式に誤りがあったので訂正
2018/06/06:シナジー効果の図式を追加

 期間限定【主計科任務】の報酬として実装された、新装備「三式爆雷投射機 集中配備」と「試製15cm9連装対潜噴進砲」。どちらも高い対潜値を誇る強力な対潜装備ですが、従来の対潜装備とは仕様の違いが見られるようです。

新装備のスペック

三式爆雷投射機 集中配備

f:id:nameless_admiral:20180531195645p:plain

 主計科任務【お茶漬け、夜食にどうぞ!】の報酬。対潜+12。

試製15cm9連装対潜噴進砲

f:id:nameless_admiral:20180531200552p:plain

 主計科拡張任務【日の丸弁当、量産!】の報酬。対潜+15、命中+1。

新しい対潜シナジー計算式について

f:id:nameless_admiral:20180608030648p:plain

 現在、対潜攻撃の攻撃力の計算式は以下のように推定されています。

対潜攻撃力 = 基本攻撃力 × 対潜シナジー補正
基本攻撃力 = √(素の対潜) × 2 + 装備対潜 × 1.5 + 改修強化値(対潜) + 艦種別定数

戦闘について - 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

 最初に実装された対潜装備のシナジー効果はソナー系装備爆雷系装備を同時に積むと、対潜攻撃力が1.15倍されると言うものでした。これを旧シナジーと呼ぶことにします。

 その後、ソナー系装備小型ソナー 大型ソナー に、爆雷系装備爆雷 爆雷投射機 その他 と細分化され、新しいシナジー効果の組合せが実装されたようです。これは新シナジーと呼ぶことにします。

 現在では対潜攻撃力にかかるシナジー補正は「旧シナジー×新シナジー」と言う計算式になると推定されています。

旧対潜シナジー効果 × 新対潜シナジー効果

ソナー系爆雷系1.15倍

上記以外の組合せ→1.0倍

小型ソナー爆雷爆雷投射機1.25倍

爆雷爆雷投射機1.1倍

上記以外の組合せ→1.0倍

※この計算式はKenWWK (@KennethWWKK)さんの検証結果を参考にさせていただいています。

 また、爆雷には敵の装甲を下げる効果があり、以下のような計算式と推定されています。

対潜攻撃力比較

 実際にいくつかの装備例をこの式に当てはめて対潜攻撃力を比較してみます。

f:id:nameless_admiral:20180531201722p:plain

 海防艦 大東改を例にします。現在44レベルで素の対潜値60。海防艦の艦種別定数は13です。

四式水中聴音機+三式爆雷投射機

f:id:nameless_admiral:20180531201907p:plain

 四式水中聴音機(+12)と三式爆雷投射機(+8)を装備すると表示上の対潜値は80となります。これを上記の式に代入してみます。

 シナジー補正は×1.15倍です。

{√60×2+(12+8)×1.5+13}×1.15=67.26

 端数切り捨てで67が対潜攻撃力です。

四式水中聴音機+試製15cm9連装対潜噴進砲

f:id:nameless_admiral:20180531202357p:plain

 今度は四式水中聴音機(+12)と試製15cm9連装対潜噴進砲(+15)を装備します。表示上の対潜値は87となります。これも再び上記の式に代入してみます。

 シナジー補正は同じ×1.15倍です。

{√60×2+(12+15)×1.5+13}×1.15=79.34

 端数切り捨てで79が対潜攻撃力です。この組み合わせでは試製15cm9連装対潜噴進砲の対潜+15の効果が大きく出ています。

四式水中聴音機+三式爆雷投射機+二式爆雷

f:id:nameless_admiral:20180531203444p:plain

 今度は3種類装備した時のシナジー効果を比較してみます。四式水中聴音機(+12)と三式爆雷投射機(+8)、二式爆雷(+7)を装備すると表示上の対潜値は87となります。これも上記の式に代入してみます。

 シナジー補正は1.15×1.25=×1.4375倍です。

{√60×2+(12+8+7)×1.5+13}×1.4375=99.18 (+装甲減少効果)

 端数切り捨てで99が対潜攻撃力です。

四式水中聴音機+試製15cm9連装対潜噴進砲+二式爆雷

f:id:nameless_admiral:20180531203938p:plain

 四式水中聴音機(+12)と試製15cm9連装対潜噴進砲(+15)、二式爆雷(+7)を装備すると表示上の対潜値は94となります。これも上記の式に代入してみます。

 シナジー補正はソナー+爆雷分の×1.15倍です。

{√60×2+(12+15+7)×1.5+13}×1.15=91.41 (+装甲減少効果)

 端数切り捨てで91が対潜攻撃力です。表示上の対潜値は高いものの、攻撃力は逆に-8下がっていることがわかります。

四式水中聴音機×2+三式爆雷投射機+二式爆雷

 今度は4スロ艦で比較してみます。

f:id:nameless_admiral:20180603224937p:plain

 軽巡 夕張改を例にします。現在115レベルで素の対潜値76。軽巡も艦種別定数は13です。

 四式水中聴音機(+12)2個と三式爆雷投射機(+8)、二式爆雷(+7)を装備すると表示上の対潜値は115となります。これを上記の式に代入してみます。

 シナジー補正は1.15×1.25=×1.4375倍です。

{√60×2+(12+12+8+7)×1.5+13}×1.4375=125.05 (+装甲減少効果)

 端数切り捨てで125が対潜攻撃力です。

四式水中聴音機+三式爆雷投射機+二式爆雷+試製15cm9連装対潜噴進砲

f:id:nameless_admiral:20180603225707p:plain

 四式水中聴音機(+12)と三式爆雷投射機(+8)、二式爆雷(+7)、試製15cm9連装対潜噴進砲(+15)を装備すると表示上の対潜値は118となります。これを上記の式に代入してみます。

 シナジー補正は1.15×1.25=×1.4375倍です。

{√60×2+(12+8+7+15)×1.5+13}×1.4375=131.52 (+装甲減少効果)

 端数切り捨てで131が対潜攻撃力です。攻撃力は+6上がっていますが、これならば他の艦に回して先制対潜攻撃のラインである対潜値100まで上げる方が有用だと思います。

 また、装備改修まで視野に入れると、命中にプラス補正のつくソナーの方が良いかもしれません。

総合評価

 以上の点を踏まえた「三式爆雷投射機 集中配備」と「試製15cm9連装対潜噴進砲」の評価としては

  • 先制対潜攻撃の条件である表示対潜値100を満たすためには有用
  • ソナーと組み合わせた2種シナジーの攻撃威力は強力
  • ソナー、爆雷と組み合わせた3種シナジーの攻撃威力は従来の爆雷投射機以下

 と言ったところだと思います。